業務マニュアルを作るならプロに任せよう!

advertising

日常での宣伝効果

ペーパーバッグ

目に映ることを意識する

洋服や靴などの商品を購入したとき、紙袋に商品を入れてもらいます。その紙袋を手にして、また別の店に訪問したり、家に帰ったりという顧客もいるでしょう。その紙袋を持ち歩いてもらうということには大きな宣伝効果があります。紙袋に店の名前やロゴがあれば、移動しているときに必ず人の目につきます。その会社を知っている人であれば、その会社の商品を持っているのかと意識する人もいるでしょう。また、その会社の存在を知らない人でも、その会社のロゴや会社名が印象に残ります。また、人にものを贈ったり、借りたものを返すときなど家にあった紙袋を活用することも少なくありません。そんなときも買い物をしたときにもらったものを再利用する場合もあります。それを受け取った人の中に、その会社のイメージが強く残るでしょう。会社に興味を持ち、店の前を通りかかった時に何気なく目を通したり、商品を購入するという行動に出る場合もあります。また、その紙袋の品質が良く、使いやすいものであれば、再々利用して他の人の手にそれが移る可能性もあるでしょう。そこで新しく興味を持つ顧客を獲得する場合もあります。宣伝といえば、インターネットなどの媒体で広告を打ち、人の目に触れるようにするという手法がほとんどです。しかし、買い物をしてくれた顧客に紙袋を渡すというごくありふれたサービスで、日常生活の中に企業名やロゴを浸透させることで、予想外の広告効果を生むことがあります。